山本祐 公式サイト

月300万円を稼ぐひとり起業の仕組み

できる自分とやり抜く力の育て方

「なんでこの人が?悔しい!」と感じたら大チャンス その悔しさの理由

「なんでこの人が?悔しい!」と感じたら大チャンス その悔しさの理由

リサーチをしているとき、
色々な人の、色々な発信が
目に入ってきます。

ブログ、SNS、YouTube…

手軽に情報発信できる
メディアは増え続け、

「一億総発信者時代」

なんて言われたりします。

それだけ発信している人が多いと、
中には明らかに、

「自分より実力のなさそうな人」

が、発信しているところを見て、
疑問に感じることも。

「なんでこの人が?
 自分の方が知識もスキルもあるのに!」

しかも、そんな人に限って、

年収数千〜億とか、
フォロワー数万にとか、

ありえない成果を
出しているもんだから、
なおさら気になってくる。

そして、見れば見るほど、
その気持ちは悔しさや妬みに
変わっていきます。

「マジでなんでこの人が?!(繰り返し)」

でも、ここでその悔しさに
よくよく向き合ってみてほしいんです。

「その悔しさは何に対して?」

これを理解すると、この悔しさは
"大チャンス"
ということに気付きます。

少し思い返してほしいのですが、
めちゃくちゃすごい人を目の当たりにしたとき、
あなたはどう感じますか?

ソフトバンクの孫さんや、
大谷翔平選手の活躍を見て、

「くそ!悔しい!!なんでこの人が!?」

という気持ちになりますか?
僕は全くなりません。

そもそも、
明らかに雲の上の対象に対しては、
「悔しい」なんて気持ちは
微塵にも湧いてこない
のです。

ということは、他の発信者さんを見て、
悔しさであったり、妬ましい気持ちが
湧いてくるときは少なくとも、

自分もそうなれた可能性

を、感じているときです。

「もっと行動していれば…」
「もっと発信していれば…」
「もっと頑張っていれば…」

できたはずなのにできていない。
そのギャップが悔しさの正体。

目の前の人や経験は、あくまでも
自分への悔しさに気づかせてくれた
きっかけに過ぎません。

「悔しさの対象」ではないないです。

悔しさや妬みを感じているときは
決して楽な気持ちではないけど、それは
「あと少し」「もっとできる」のサイン。

足りていなかったのは、
気持ちなのか、行動なのか。
どちらにせよ、あとほんのちょっとです。

月並みですが、
その悔しさを1つずつ乗り越えていきましょう!

似ている記事をタグから見つける
山本 祐

商売も遊びもかしこく学び、愉しみつくす。ライティング、パーソナルブランディング、オンラインサービスの仕組み化や、なぜかやる気が出るゆるいコーチングが得意です。

ブログでは、心のこと、お金のこと、物事の考え方・とらえ方、商売のコツなど、「できる自分」になるための色々なことについてお話しています。