山本祐 公式サイト

月300万円を稼ぐひとり起業の仕組み

できる自分とやり抜く力の育て方

無駄に悩む時間をなくす ビジネスの問題解決フレームワーク

無駄に悩む時間をなくす ビジネスの問題解決フレームワーク

「なかなか成果が出ない…」

自分一人でビジネスをしていると、
どうしても壁にぶち当たり
悩んでしまうことがあります。

そして、一度壁にぶつかると、
慣れていない場合は、

「ああでもない、こうでもない」

と、考えが閉鎖的になってしまい、
グルグルと同じ場所を回ってひまうことも。

ちなみに、ビジネスにおいて
「頭で考えることが大切」と言われるけど、
この状況は「思考」とは違うので注意。

思考と言えば思考だけど、
「妄想が暴走しているような状況」と
言うと、わかりやすいかもしれません。

では、どうすれば壁を正しく認識し、
超えることができるでしょうか?

僕がいつも実践している、
問題解決のフレームワークを紹介します。

1.とにかくまずは書き出してみる

ここでは、

思考 = 生産的である

と定義します。

先ほどお話したように、
あれこれ頭の中だけで考えることは、
意味をなさないことがほとんど。

断片的な妄想の輪郭を明確にするために、
まずは、自分が思いつく問題を、
全て書き出してみます。

  • ノートに書く
  • 付箋に書く
  • テキストエディタに箇条書き

など、どんな方法でもOKです。

とにかく、

手を止めずに、体裁を気にせずに書く

ということが1番大事です。

ここから、例えを見ながら、
実際の手順をお話していきます。

例えば、ブログをやっているなら

  • ネタが見つからない
  • 記事を書けない
  • アクセスが上がらない
  • 精読率が低い
  • リストが取れない
  • 収益につながらない

などなど、ざっと色々な問題を思いつきます。

この中から、
「記事を書けない」という問題
直面していると考えて、
これについて更に深掘りしてみます。

  • 記事のネタが見つからない
  • 文章を書き出すと手が止まってしまう
  • 記事の書き方がわからない
  • そもそも時間がない
  • 何に書けばいいかわからない

など、更に細分化した問題が見つかりました。

手を止めてしまう多くの人は、
「記事を書けない」という問題に直面したとき、

問題をその大きさのままで捉えてしまう

からこそ、解決策が見つからず、
悩みが堂々巡りになってしまいます。

「記事を書けない」という、問題に対して、
それを更に細分化して考えることが大事です。

2.書き出したリストを構造化してみる

次に、今度はこれを、
問題の順番を意識して構造化してみます。

  • 1.そもそも時間がない
  • 2.何に書けばいいかわからない
  • 3.記事のネタが見つからない
  • 4.文章を書き出すと手が止まってしまう
    ー記事の書き方がわからない

こんな風に、構造化してみました。

また、書き出す際にでてきた、
「記事の書き方がわからない」とう問題は、
「文章を書き出すと手が止まってしまう」に
包含される問題
と考え、こうした構造にしました。

3.「はい」「いいえ」で答えていく

今度は、見つかった問題を順に、
「はい」「いいえ」で答えていきましょう。

「はい」と答えた箇所が、
今直面している問題であり、
解決すべき課題のある箇所
です。

4.問題の解決策を考える

直面している問題が見つかったら、 最後にその解決策を考えていきます。

例1)そもそも時間がない

  • 休みの日を有効に使えないか
  • 残業を減らせないか
  • SNSやテレビなど無駄な時間はないか
  • 睡眠時間を減らすことはできるか
  • 外注してコンテンツ作成ができないか

「時間がない」
と悩む人はとても多いですが、
このような問題も建設的に考えることで、
なんらかの打開策を見つけることができます。

例2)何に書けばいいかわからない

  • 「情報発信 やり方」などで調べてみる
  • WordPress?アメブロ?SNSやYouTubeもいいかも
  • 何が1番自分に合っているか考える

ブログを選んだ場合、今度は
「ブログの作り方がわからない」
といった、新たな問題
が出てきます。

調べてすぐ解決できそうなら、
そのまま進めてみる。

難しそうなら、
また細分化して考えてみましょう。

例3)記事のネタが見つからない

  • 他の人のメディアをチェック
  • 読んだ本についてメモを残す
  • 考えたことについてメモを残す
  • 見たニュースについてメモを残す
  • 経験した出来事についてメモを残す

ネタが見つからない場合は、
まず他の人のメディアをチェックし、
「どんな記事を書いているか?」
を探る必要があることがわかりました。

それ以外のものについては、
日頃から意識して取り組む必要がありそうです。

例4)文章を書き出すと手が止まってしまう

【記事の書き方がわからない】

  • 書籍などでライティングのTipsを学ぶ
  • 他の人の記事の写経し、要素分解してみる

また、ここで

そもそも記事を書いたことがない
= 経験値が少ない

という問題が新たに見つかったとしたら、
これについても解決策を考えます。

【そもそも記事を書いたことがない】

  • 1日100文字だけでも書いてみる
  • 音声入力の方がスムーズかも?
  • とにかく繰り返すことを考える

こうして考えていくと、

  • 1日100文字 … SNSのほうがいいかも
  • 音声入力 … YouTubeとかのほうがいいかも

と、新しい選択肢が見つかることも。
この辺りも柔軟に考えることが大事。


最後に。
こうして見つかった解決策・課題は、
経験のないうちはとくに、
仮説の域を出ることはできません。

ここまで来たらもう悩まずに、
次々と小さな課題をこなしていくことを
心掛けてみてください。

とにかく悩んだら書く

難しく感じたかもしれませんが、
最初のうちは、

悩んだらまず書く

という習慣を作ることがおすすめです。

  • 書くだけでスッキリ
  • 実は悩む必要のない問題だった

なんてことも、多々あります。

また、ここで紹介した

  • 洗い出し
  • 分解(細分化)
  • 構造化

は、シンプルですが、
強力なフレームワークです。

ビジネスの枝葉の問題解決はもちろん、
事業全体の問題や、人生、人間関係などの
大きな問題もスッキリと考えることができます。

ただでさえ限られた時間。
「より良くなるため」に使っていきたいですね。

悩んだ際は、是非、試してみてください。

似ている記事をタグから見つける
山本 祐

商売も遊びもかしこく学び、愉しみつくす。ライティング、パーソナルブランディング、オンラインサービスの仕組み化や、なぜかやる気が出るゆるいコーチングが得意です。

ブログでは、心のこと、お金のこと、物事の考え方・とらえ方、商売のコツなど、「できる自分」になるための色々なことについてお話しています。