山本祐 公式サイト

月300万円を稼ぐひとり起業の仕組み

できる自分とやり抜く力の育て方

【体験談】意識が現実を作る 先にプロになることの大切さ

【体験談】意識が現実を作る 先にプロになることの大切さ

「どうやったら、
稼げるようになりますか?」

といった質問をよくいただくので、
改めて自分の人生を思い返し、
稼げるようなきっかけを探ってみました。

しっかり思い返してみると、
自分の人生で、

「明らかに変わり始めたタイミング」

というのがあったので、
これについてお話してみます。

「今よりも更に良い人生にしたい!」

とお考えでしたら、
是非読んでみてください。

僕が稼げるようになった理由

結論から言うと、
僕が自分の力でしっかりと
稼げるようになったのは、

「会社を作ってから」

です。

勤めていた会社を独立してから、
1年が経とうとしている頃。

当時のメンターに、
飲み会の席で勧められたのが、
法人化したきっかけでした。

勧められた…といっても、
半ば強制的。

「そろそろ法人にしたら?
いつするの?じゃあ明日ね」

というメンターの、
体育会系のノリに従うがまま、
次の日には司法書士の元に。

僕は心の準備もできないまま、
その約1週間後、「経営者」になりました(笑)

お金も掛かるし、
経営ができる知識や器もない。

でも、この見切り発車が
結果的に僕の人生を大きく変える
出来事になった
と思っています。

ただ、ここで伝えたいのは、
「じゃあ、あなたも会社を作ろう」
ということではありません。

僕は"ビジネス優等生"ではなかった

前提として、
少し僕の昔の話を。

プロフィールやメルマガで
散々お話しているのですが、
僕は元々、自頭が言いわけでもなく、
特別知識があったわけでもありません。

もちろん、世間一般で言う、
いい大学を出ていたわけでも、
大手企業に勤めていたわけでもない。

もらえる給料で能力が
決まるわけでもないけど、
給料もかなり少ない会社に勤めていました。

そんな中、勤めていた会社を独立し、
自分でビジネスをし始めたのですが、
やはり、最初は失敗続き。

最初は半年間の間、
見よう見まねでネットビジネスに、
チャレンジしてみたものの、

その間稼げた金額は、0円。

「半年も続ければ、
生活の足しにはなるだろう」

と、楽観視して始めたものの、
結果は散々なものでした。

前提として、
「それくらいセンスがなかった」
と考えてもらえればと思います(笑)

プロになった瞬間、世界が変わる

でも、不思議なもので、
会社を作ってからは
かなり意識が変わったのです。

周りの見る目が変わったのも、
大きな要因かと思います。

「もっとやらないと」
「もっと勉強しないと」

という気持ちから、
それまでとは比べ物に
ならないくらい必死になれました。

そう。このとき僕は初めて、

ビジネスのプロになること

に対して、腹をくくったのです。

それまでの僕は、独立することによる、
“都合の良い部分”しか見えていませんでした。

  • 満員電車に乗らなくていい
  • 嫌な上司の言うことを聞かなくていい
  • 時間の拘束がない
  • フリーランス…ちょっとかっこいい

などなど。

厳しく言うと、
"逃げ"と"見栄"しかなかった。

今、結果を出せていない人は、
このときの僕と同じような考えの人が、
多いんじゃないかなと思います。

でも、この意識だと残念ながら、
一生うまくいくことはないと思う。

先にプロになる方が楽だし早い

「かんたんな事から、
ステップアップしましょう」

とか、言われるけど、
それはあくまでも「やり方」の話。

自分の力でお金をもらう生き方を
選択した瞬間から、

在り方はプロであるべき

というか、
僕の失敗経験を踏まえると、
そっちの方が結果的に楽なんです。

僕自身も、今までダラダラと、
個人事業主を続けていたら、
今の自分は100%なかった
と言い切れます。

ということは、
成功して経験できた色々なことも、
経験できなかった
ということ。

だから、法人化したとき、
毎日泣きたくなるくらい大変で、
色々悔しい思いもしたけど、
それでも良かったと思います。

自分の人生を何回やり直しても、
僕は同じタイミングで
先にプロになる決断をします。

もちろん、自分で先に気付いて、
もっと早くプロ意識を持った方が
良かったけど(笑)

法人化を勧められた当時は、
メンターの悪ノリに感じたけど、

今考えると、
逃げ腰でザコ意識な僕を見兼ねた、
優しさだった
のかなと思います。

今から半年後、1年後、
どんな人生にしていたいですか?

もし、今よりも楽をしていたいのであれば、
今この瞬間からプロ意識を持って、
真剣にビジネスに向き合っていきましょう。


P.S.
ちなみに、
会社の設立日もメンターのノリで、
「ドラえもんの誕生日」に決まりました。

「会社作ろう」となった日から、
1番近いなんらかの記念日が、
ドラえもんの誕生日だった
のです(笑)

当時、ドラえもんは
好きでもなんでもなかったのですが、

ワクワクした未来

を感じさせてくれる、
身近で、大好きな存在になりました。

似ている記事をタグから見つける
山本 祐

商売も遊びもかしこく学び、愉しみつくす。ライティング、パーソナルブランディング、オンラインサービスの仕組み化や、なぜかやる気が出るゆるいコーチングが得意です。

ブログでは、心のこと、お金のこと、物事の考え方・とらえ方、商売のコツなど、「できる自分」になるための色々なことについてお話しています。