山本祐 公式サイト

できる自分のつくり方

ひとり起業と人生を愉しむコツ

ストックされることだけ徹底的にやっていく【失敗談あり】

ストックされることだけ徹底的にやっていく【失敗談あり】

僕は独立した当初、
労働型、時間の切り売りの仕事
ばかりに取り組んでいました。

労働に対して対価を得ているだけで、
雇われていたときと大差なかった。

それどころか、
勤めていたときよりも考えること、
やるべきことは多く、
心身ともに疲弊していく一方…

だから、いつも忙しなく、
心にもお金にも時間にも
余裕がありませんでした。

  • ストック = 蓄積する
  • フロー = 流れ去る

ただでさえ時間が限られてくる
ひとり起業をする際は、まずこの概念を
しっかり頭に入れておくことが大事。

  • お金を生むビジネスの仕組み
  • 情報
  • スキル

そして、仕事にまつわるこれらの事柄も、
蓄積されるストックと、
流れ去るフロー
に分けられます。

既にお気付きかと思いますが、
ストックされることを優先し、
資産を築くことが大切
です。

後発にどんどん抜かされるダメな価値観

先ほど、僕が独立した当初の
お話をしました。

この時、更によくなかったのが、
ストックされない仕事を日々こなす、
そのがむしゃら感がなんとなく、
かっこいいもの
だと思っていたところ(笑)

これは当時のメンターの
影響もあるのだけれど、

「忙しさ = 正義」

みたいな価値観を、僕は持っていました。

でも、むしろこれは、
全く真逆の考えをする方が近道です。

時間の限られている中で、

「楽をするために、
いかにストックできる仕組みを作るか。」

という意識で取り組むこと大切。

僕のパラダイムシフトは、

年収1億稼いでいるのに、
暇暇言っている社長

に会ったときでした。
(しかも自分より10個近く若い)

僕より後から起業しているのに、
信じられんくらい差がついていました(笑)

今考えると、僕の昔のがむしゃらさは
頭を使うことからの逃げだった
と思います。

僕はこれで、2〜3年くらい
ムダにしているので反省が大きいです。

情報やスキルのフローとストック

ビジネスの仕組みだけでなく、
情報やスキルなどにも、
このフローとストックという概念が
当てはまります。

その時その時しか使えない
情報やスキルが増えたところで、
問題のクリティカルな解決にはなりません。

変わらない本質や原理原則が
自分に溜まっていくからこそ、
いつでもどこでも応用が効くし、

それらが組み合わさることで、
更に良いスキル・知恵となっていきます。

もし、あなたが現状、 やるべきことをたくさん抱えているのであれば、
「これはストック?フロー?」と、
一度考えた上で取捨選択してみてください。

具体的に、以下の作業は全てフローです。

  • トレンド的なコンテンツを作る
  • SNSの挨拶回り
  • 毎日の日刊メルマガの配信

どれもあるあるだと思いますが、
これらをやめるだけでも時間が増え、
本来やるべきことに集中できる
ので、
スイスイと前に進むことができます。

もちろん、フローが100%ダメ、
というわけではありません。
使い所によっては爆発的な成果を上げることも。

これについてはまた他の記事で。
互いの性質を知って、
使いこなすことが大事です。

似ている記事をタグから見つける
山本 祐

商売も遊びもかしこく学び、愉しみつくす。ライティング、パーソナルブランディング、オンラインサービスの仕組み化や、なぜかやる気が出るゆるいコーチングが得意です。

ブログでは、心のこと、お金のこと、物事の考え方・とらえ方、商売のコツなど、「できる自分」になるための色々なことについてお話しています。