山本祐 公式サイト

できる自分のつくり方

ひとり起業と人生を愉しむコツ

自己分析の効力や本当の目的 おすすめのメソッドの紹介も

自己分析の効力や本当の目的 おすすめのメソッドの紹介も

まず、最初に、

  • これまで一度も自己分析をしたことがない
  • 今、自分の生き方に迷いがある

という人は、この機会に一度自己分析を試し、目標の再確認をしてみることをおすすめします。ですが、逆に、

  • 自分が好きなこと、熱中できることを知っている
  • 今それに取り組み、迷いなくどんどん前に進めている

という場合は、改めて自己分析をする必要は全くないです。この記事は読み飛ばして、行動計画や、習慣化の記事から読んでみてください(※これらの記事はただいま準備中です)

自己分析をすることの一番の目的

結論から言うと、自己分析を行う一番の目的は、「迷いをなくすことである」と僕は考えています。

「自分ってこうなのか!だったらこれやろう」
「これで成功できるのか!よし、これに集中しよう」

様々な種類がある自己分析メソッドとその結果により、自分に暗示をかける、自己洗脳をする。僕はよく「100%当たる宝くじ」の例え話をするのですが、確信を得たときの人の行動力・集中力は凄まじいものです。

自分の傾向を掴み、それを心から信じ込み、日々に没頭できる状態に

これこそが、まずはじめに自己分析をすることの大きな理由です。

では、どのような自己分析メソッドを利用するのがいいのでしょうか。自己分析には大きく分けて、

  • 科学的な(エビデンスのある)もの
  • 「人生の使命を見つける」みたいなスピリチュアルなもの

の2つのタイプがありますが、どちらが正確で優れているとかはなく、ここではあなたが好きな方・信じられる方を選ぶことが大切です。もちろん、1つだけを選ぶのではなく、

複数の自己分析メソッドを使い、傾向を強めていく

といったやり方をすれば、その結果はより強い確信に変わっていくでしょう。「あなたはこういう人だ!」と何度も言われれば、「やっぱりそうか!」となるものです。ちなみに、僕自身も複数の自己分析を活用し、「自分はこうなんだ」という確信度を高めていきました。

僕はこれまで、本格的な就職活動や、転職活動をしたことがなく、つい最近まで「自分に向き合うこと」は全くしてきませんでした。

強いていうと、学生の頃やった「どうぶつ占い「や「血液型占い」くらい。たしかに、自分に当てはまるところも多々あり、「おお、当たってる」と関心したものの、それも、あくまでも遊びの1つ。

でも、20代も後半に差しかかり、「自分の本当にしたいことは、果たしてこれなのだろうか?」と悩み始め、そこから自分探しの旅が始まります。

そんな中、たまたま尊敬する方から教わったのが、自己分析のメソッドと、それを人生に活かす方法です。自己分析に、決して安くない金額も何度か払ったのですが、結論は上記の通り。「強く信じられればなんでもいい」というのが僕の経験を通した結論です(笑)

ただ、この「信じること」には大きな力があり、自己分析と成功やパフォーマンスとの因果関係は科学的に証明されています。

1つ選ぶなら…初めての自己分析におすすめの本

初めての自己分析におすすめの本 エニアグラム

僕のおすすめは「エニアグラム」という、大きく9つのタイプから自分の傾向を探るメソッドです。シンプルでわかりやすく、僕自身、分析結果が一番腑に落ちたのがエニアグラムです。

余談ですが、僕が情報発信をする際、発信の方向性を決めたり、理想のお客さんを考えたりといったことにも、このエニアグラムを応用しています。ブレない自分の軸、ブランド作りのベースとして活用したい方にもおすすめです。

他にも有名なものだと、ストレングスファインダーや、ウェルスダイナミクスなど、本当にたくさんの自己分析メソッドがありますし、それらをコーチングのメニューとして教えている人もたくさんいます。

ただ、メソッドを使わずとも、

  • これまでの人生で時間を忘れて熱中したこと
  • これまでの人生で人に褒められたこと
  • これまでの人生で好きだった場所・時間・物
  • これまでの人生で感動したこと

などを、時間をかけて書きだしていけば、改めて本当の自分を見つけることは十分可能です。

自己分析は終わりではなく、はじまり

時と場合によっては、高いお金を払ってみるのもいいですが、「いつまでも自分探しが終わらない」という人も少なくありません。そもそも、自己分析とは、目標に向かう際の最初の一歩に過ぎないということを忘れないようしてください。

大きな目的は自己分析をすることではなく、まずは、自分が心から望む本当の目的・目標を導き出すことです。内観は時間もエネルギーも使うので達成感がありますが、その結果はあくまでも指標。

得意なことや価値観が明確になったら、そこから本当の目標を決め、すぐに行動に移していきましょう。


自己分析により自分を俯瞰できるようになることは、目標達成以外にも、自制心を保つ、創造性や幸福度を上げるなどの研究結果も出ています。

「信じられればなんでもいい(笑)」なんて書きましたが、自分の価値観や傾向に確信を持てることは、目標に近づくことにおいてはかなり大切。僕自身、自分の人生を振り返ってみると、商売がうまくいくようになったのは自分と向き合う時間が増えてからだなと感じています。

とくに今の時代は、外からの影響はとても大きく、知らないうちに自分の価値観がゆらぎがちです。是非、この機会に、自分ととことん向き合う時間を一度作っててみてはいかがでしょうか。

新しい自分の発見により、思わぬ方向に人生が前進するかもしれません。

似ている記事をタグから見つける
山本 祐

商売も遊びもかしこく学び、愉しみつくす。ライティング、パーソナルブランディング、オンラインサービスの仕組み化や、なぜかやる気が出るゆるいコーチングが得意です。

ブログでは、心のこと、お金のこと、物事の考え方・とらえ方、商売のコツなど、「できる自分」になるための色々なことについてお話しています。